2013年7月25日木曜日

【おすすめ英語教材】 ハリウッド公認講師の英語上達法

【おすすめ英語教材&日記】

おすすめ英語教材のご紹介!!

まいど、ハルちゃんパパです。

他の国に比べ、私たち日本人は
英語が苦手な人が多いです。

特にリスニング

大体の人は中学、高校と6年間も
英語を学んできていますが、
それでもネイティブが話す英語が
聞き取れない。


なぜ聞き取れないのか。

私たち日本人が
英語のリスニングが苦手な理由は、
大きく2つあります。



まず1つは発音”

当たり前のことですが、
日本語と英語の発音は違います。

発音方法も異なれば、
その音自体も違う。


学校での勉強は
文法や単語がメイン。

英語の発音を習う授業は
ありませんでした。

これでは、
英語のリスニングが
できないのは当然です。

英語の音がわからないのに、
聞き取れるわけがありません。


ちなみに、
カタカナ発音の英語を話す
日本人が多いのもここが原因です。

英語の正しい音を知らないから、
発音方法を知らないから、
日本語と一緒の発音で英語を話してしまう。

言ってしまえば、
日本の英語教育が遅れているわけです。



少し話がずれましたが、
次に2つ目、“周波数”です。

最近では良く聞く話なので、
ご存知の方もいると思いますが、
日本語と英語では周波数が違います。


日本語の周波数は
125ヘルツ~1500ヘルツ。

英語の周波数は
2,000ヘルツ~12,000ヘルツ。

数値を見て頂ければわかりますが、
日本語と英語では
全く交わるところがありません。

そのため、私たち日本人は
英語を聞いたとしても、
英語本来の音を理解できないのです。



以上の2つが、
私たち日本人が英語のリスニングが
苦手な理由になります。

しかし逆に言えば、
これら2つに注目して学習をすれば、
英語を簡単に聞き取ることが
できるようになる、ということです。

つまり、英語の“発音”と
“周波数”に着目した教材
使えば良いのです。


「でもそんな教材、
聞いたことない。」

と思った方も多いと思いますが、
実は、それを可能にした教材があります。

それがこちら。

ハリウッド公認講師である、
スコット先生の英語学習プログラムです。



英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」



スコット先生は
日本人が英語を聞き取れるようになる
周波数エリアを特定し、その周波数を効率良く
学習することができる教材を開発しました。

この教材は、聞き流すだけでも、
2週間で英語耳にすることも可能にした
唯一、そして世界トップレベルの
英語マスタープログラムです。

事実、25年間にわたり
2,000人以上の日本人が、
このスコット先生のメソッドで
バイリンガルになっています。


日本の有名芸能人たちも
実践しているこのスコット先生の教材。

英語をマスターしたい、
と思っているのであれば、
今すぐこちらをチェックすることを
おすすめします。



英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」